みたから案内本  2017年7月7日ついに登場!

  

史上初となる、みくさのみたから案内本、2017年7月7日に、いよいよ登場いたしました。

みくさのみたからの集いと、全国52箇所の「お愉しみ会」で手に入れることができます。

日本語版をもとにして、世界各国で待ち望まれていた英語版も来年の秋に出版予定です。

          

みたからについて、限られた集いの時間でお伝えできたのは、ほんの片隅だけでした。

この本でようやく、みくさのみたかたの全体像を、おぼろげながら知ってもらえます。

まずはこれまで日ごとに、みたからをひらき続けてきた方がたに読んで戴けたら最高です。

                 

みたからの全体像を知ったつもりでも仕方ないので、日ごとにひらいて参りましょう。

AMAZONや書店での購入はもうしばらくお待ちください。書店販売は来年からになります。

片隅しか知らなかった人、勘違いしていた一見さんも、ようやく見晴らしがよくなります。

                        

 

       

いのちは定型におさまりません。みたからは いのちのすべです。定型におさまりません。

みたからをひらいてきた方みんな御存知のように、ひらくとき決まったカタはありません。

集いでお伝えするときも、これまで ひと度ごとに、伝え方は新しくなって参りました。

               

そんな御宝みたからですので、どんな文体でも、どんな形式でも、樂しくお伝えすることができます。

文字にするとなったら、漢語を用いない古文調でも、伊那の國言葉でも お伝えできます。

ばりばり前衛詩のスタイルでも、短歌だけを用いても、きっとお伝えできるでしょう。

               

案内本では読みやすさ伝わりやすさを優先して、一頁ごとに口語定型詩の形をとりました。

固定された文字で みたからを伝える矛盾を、そのまま面白がって愉しむことにしました。

定型がない中身を、定型でお伝え致します。八・九・十行 みっつの定型詩が登場します。