微生物さんたちのチカラ

  ひ

       

微生物は世代交代のサイクルがとても速く

いつでも、どこでも、すばやく応じて

生きのびるチカラをもっています。

        

かつて放射線・有毒ガス・

強酸性物質などに溢れていた太古の地球を、

私たちが住めるような地球環境に変えてくれた微生物。

       

ある種の微生物さんたち・菌さんたちは

今なお地上の有毒物質を分解し

厳しい毒性を和らげてくれます。

       

  ふ

         

私たちの腸内そのほかに住んでいる微生物さんたちは 

私たちのイノチのチカラ・日ごとの生き心地と

ひとつながりに なっていると言われています。

         

腸内の善玉菌さんたちは 消化と代謝という

体内の二大事業の主役です。

分解して、発酵して、エネルギーを作り出します。

         

お腹のなかの菌さんたちの生態系

=腸内フローラ(菌叢/きんそう)は

いつでも善玉菌優勢でありたい。

         

そしてなるべく多種多様でありたい。

多種多様な菌さんたちのチカラが

私たちのヤル氣と免疫力をささえてきたとも言えます。

         

  み

           

生ゴミも菌のチカラとあわされば 

ゆたかな堆肥に生まれ変わります。

いらなかったものが資源に生まれ変わります。

          

こちらの菌の生んだものが 

あちらの菌のえさとなったり、

そちらの菌のチカラをひらくスイッチをいれたりする。

         

微生物さんたちが集まると

お互いに小さなチカラをあわせて活かし活かされ、

ひっそりと大きなチカラを生みだします。

          

  よ

         

「おいしい」

「住みやすい」

「晴れやか」

       

私たちが日ごろから

心地よく感じるときの裏方は

多種多様な微生物さんたち。

          

還元・中和・抗酸化・共鳴・

エネルギー生成など、計り知れない

色んなチカラが働いているようです。

   

私たち人は微生物さんたちが

はたらきやすい環境を 

生み出し育てることができます。

      

いつでも どこでも、

環境にすばやく応じて

たくましく生きのびる微生物。

        

微生物さんたちのチカラを借りて

私たちはもっともっと

生き心地よくなることができます。

         

腸内を善玉菌優性の

フローラ(花畑)といわれる状態にして

生きるチカラ=やる氣=免疫力を高めるには?

         

イノチを内側から外側からきれいにするには?

癌・アレルギー・皮膚炎などの病を晴らすには?

解毒力・造血力・思考力などを高めるには?

         

料理・入浴・園芸・農業・洗浄など

日ごとの身のまわりの営みから

地球環境・医療・産業・燃料・動力に至るまで。

     

微生物さんたちとチカラを合わせて

これから何ができるのか。

私たちそれぞれの工夫しだいです。