しゅわさかさんの中身

はじめの1年は日本中の乳酸菌、

次の1年は中東と東ヨーロッパの乳酸菌を

あらゆるヨーグルトから抽出しておりました。

        

2013年より手に入るかぎりの薬草・薬木から、

薬効成分を生みだす常住菌を

採取して加えるようになりました。

           

よもぎ、どくだみ、たんぽぽ、まこも、

げんのしょうこ、ゆきのした、こんふり、

スギナ、桑の葉、竹の葉、茄子の蔕、

松の葉、柿の葉、枇杷の葉、熊笹の葉、

レモングラス、ローズマリー、スィートバジル、

シロバナセンダングサ、長命草、人参の葉、

ハイビスカスの葉、茴香、レモンマリーゴールド

ヒカンザクラの葉、アロエ、紫蘇、胡桃の内皮、

ウコン、霊芝、朝鮮ニンジン、などなど。

        

ほとんどは昔ながらに

人びとに干され漬けられ醸され煎じられ

朝夕 口にされてきた足元の野草=身近な雑草です。

          

『アナスタシア』で

最強の生薬として紹介されていた

チャーガ(かばのあなたけ)など

珍しい生薬の常住菌も入っております。

           

しゅわさかさんは

こうした微生物さんたちに

水・糖・ミネラルなどを与え

醗酵環境を整えて育てているものです。

        

昔ながらの「糠床」と同じく

善玉菌をはじめ多種多様な微生物さんたちが

しゅわさかさんには数しれず入っております。

              

(科学的にまだ薬効が解明されていない菌、

分類されていない善玉菌は、雑菌などとも呼ばれています。

素晴らしい薬草が雑草あつかいされていたのと同じです。)

           

あちこちであらたに抽出した微生物さんたちを、

みたから仲間たちがテイスティングして選別し、

さらに混ぜあわせております。

   

こうして新たなヴァージョンが

今日も世界各地あちこちで

次つぎに生まれております。